高温対策LED水銀灯

多くのLED水銀灯は、使用温度が25~35℃を前提にしているとご存知ですか?
LED導入2~3年で、暗くなった、不点灯になったという問題が起きています。

夏場、工場の屋根下は60~70℃になります。
また、熱源がある工場では輻射熱の問題もあります。

80℃対応の高温対策LEDを販売します。

高温対策は現場状況により対策方法が異なります。
例:雰囲気温度が80℃の場合
輻射熱があるか?

LED・電解コンデンサーはもちろん、灯具の材質
すべてが問題です。

電源、LEDチップの耐熱性、放熱性、輻射熱対策、工事方法など個別対応です。
設置現場の状況・既存照明の種類・明るさ・ご希望をメールにてお問合せ下さい。