輻射熱+80°高温対策LED水銀灯

多くのLED水銀灯は、使用温度が25~35℃を前提にしているとご存知ですか?
LED導入2~3年で、暗くなった、不点灯になったという問題が起きています。

夏場、工場の屋根下は60℃になります。
また、熱源がある工場では輻射熱で75℃になります。

高温でLED故障が多発
高温でLED故障が多発

熱さ対策の現場で培った輻射熱+80℃高温対策LEDをご提案します。

純日本製 400w~2kw代替LED水銀灯

高温対策をうたうLEDはいくつかありますが、輻射熱対策LEDはありません。
ポリカーボネイト製カバーが溶ける高温環境は、弊社へお問合せ下さい。

熱源からの輻射熱 + 80℃高温対応LED

LEDチップ・コンデンサー・アルミ大型放熱フィン・強化ガラスカバー、断熱材による輻射熱対策も実施。純日本製の400w~2kw相当LEDです。

設置現場の状況・既存照明の種類・明るさ・ご希望をメールにてお問合せ下さい。

高温対策・熱中症対策を行っています。
機械・配電盤・ケーブルなどの熱さ対策、作業員の熱中症対策に遮熱材FXJや大型冷風機が有効です。
製鉄所、ガラス工場、鍛造鋳造・焼入れ・焼付、炉・釜の輻射熱対策もご相談下さい。


お問合せ
ジャパン開発㈱
0276-72-0069