海・河川・水辺の安全対策

防災救助カプセルボート

カプセルボート

防災救助カプセルボート
防災救助カプセルボート

大型FRP桟橋

FRP製品製造
FRP製造

蓄光製品

蓄光製品製造
蓄光製品製造

消火剤

ファイヤーセイブ販売
ファイヤーセイブ販売

防災救助カプセルボート 水に浮く倉庫 + ボート

防災救助カプセルボート
防災救助カプセルボート写真1
防災救助カプセルボート写真1
防災救助カプセルボート写真2
防災救助カプセルボート写真2

防災救助カプセルボート 水に浮く防水倉庫
防災救助カプセルボート 水に浮く防水倉庫

東日本大震災から生まれた 防災救助カプセルボート

防災救助カプセルボート開発

茨城県大洗のボート展示場で東日本大震災を経験し
防災救助カプセルボートを開発しました。
カプセルボート開発の経緯へ


水に浮く防水倉庫

高波を受けても増水しても保存食・備蓄品を守り、救助が来るまでの間、被災者の生命を守る=水に浮く防水倉庫
・FRPボートを上下に重ねたカプセル形状のため水に浮きます
・素材は、軽量・高強度・耐腐食性・防錆・耐久性に優れたハニカムFRP

水辺に設置可能 冠水しても水に浮く防水倉庫

・風雨から防災用品・備蓄品を守る防水構造

水に浮く防水倉庫 設置
水に浮く防水倉庫 設置
水に浮く防水カプセル倉庫
水に浮く防水カプセル倉庫

冠水しても沈まない防水保管倉庫

水に浮く防水保管倉庫 備蓄品例
水に浮く防水保管倉庫 備蓄品例

東日本大震災以降、救命胴衣の導入が増えています。
「どこに置いてありますか?」
「救命胴衣はかさ張るため倉庫の奥へしまい込んでいませんか?」

救命胴衣はすぐに取り出せないと使えません。

カプセルボートは、大人用:50着 または子供用:100着 または膨張式:200着を収納できます。
救命胴衣は、カプセルボートに入れ屋外や軒下に保管、いつでも取り出せます。

水に浮く防水保管倉庫 収納力
水に浮く防水保管倉庫 収納力

誰でも使える 救助ボート + 運搬船

防災救助カプセルボート 走行写真
防災救助カプセルボート安定性
防災救助カプセルボート安定性

大人2名で運べる 小型・軽量ボート

・全長:1.9M、設置面積:畳1枚分、重量50kg
・小型軽量なので大人2名で運べます。ドーリーを付ければ1名で運べます。
・軽バン・軽トラックで運搬できます。専用トレーラーやトラック不要
 ⇒緊急時、現場にいち早く運送できます。

防災救助カプセルボート運送
防災救助カプセルボート運送

1名で運べるドーリー仕様

・車から水辺まで1名で簡単に運べるドーリー取付仕様
 砂地にい込まない幅広タイヤ

防災救助カプセルボート移動
防災救助カプセルボート移動

カプセルボートの特徴

高強度・軽量・長寿命なハニカムFRP製

・ハニカムFRP製の船体は高強度・耐衝撃性に優れています。
・ハニカムFRPは、耐久性・退行性・耐腐食性・防錆に優れ超長寿命です。
・従来型FRPボートに比べ約30%軽量、製品重量50kg

・補修が簡単(従来のFRPボートと同様)

組立時間:1分 工具不要 簡単

・倉庫⇔ボートへ簡単変身、組立工具不要
・簡単だから、訓練・点検・維持管理も簡易化=誰でも使えます。

船上での安定性を高めた双胴船

・全長1.9M、全幅1.8M、全深0.45M、横揺れを抑える双胴型船体
・大人2名(150kg)が船上に立っても、片側に寄っても転覆し難い安定性

防災救助カプセルボート安定性
防災救助カプセルボート安定性
防災救助カプセルボート 浮力
片側に2名

船体の広さ畳2枚分、最大積載量300kg

・大きな積載量を確保し、救助者や物資を安全に運べます。

船舶検査・船舶登録・操船免許 不要

・いつでも どこでも 誰でも 使えるボート

水が入っても沈まない不沈船

・船体内部に浮体を入れた不沈構造、強力な浮力があります。

防災救助カプセルボート浮沈構造
防災救助カプセルボート浮沈構造
防災救助カプセルボート浮力
カプセルボート浮力

収納・運送時は、コンパクトな防水カプセル

・軽量・コンパクトなので、大人2名で運べます。
・用品をカプセル内に収納可能、風雨で汚れず安心保管

防水救助カプセルボート 軽トラ・軽バン搭載写真
防水救助カプセルボート 軽トラ・軽バン搭載

お問合せ
ジャパン開発株式会社
0276-72-0069