なぜ熱いのかを知って、暑さ対策

 

熱は必ず高温から低温に移動します。
高温対策は「なぜ熱くなるか」を調べる事から始まります。

例:工場内に熱源がある、日射でセッパン屋根が熱い

熱源を見つけたら、熱(輻射熱)がカット(遮熱)できるか検討します。
「輻射熱の遮熱」が暑さ対策の基本です。
遮熱材FXJで「輻射熱の遮熱」が出来ます。

輻射熱の遮熱には 遮熱材FXJ

トップヒートバリヤーで輻射熱の遮熱

FXJ遮熱シートは、宇宙産業から生れた高性能遮熱シート

 

99%の高純度アルミニウムを使用しており、建物内を移動する熱の大半を占める「輻射熱」のなんと98%を反射し、その性能は世界一と評価されています。

熱貫流抵抗 R=5.333 M2・K/W   (THB-MJ  =0.2)

そもそも遮熱とは・・・?

輻射熱を遮ることで外側からの熱は外側に、内側からの熱は内側に反射させて熱の移動を無くすことです。

建物の周囲を遮熱材FXJで囲むと、屋外からの熱は屋外に反射させ、室内の熱は室内に反射させることになります。

トップヒートバリヤーによる輻射熱の遮熱とは

遮熱材FXJの効果的な使い方

ボイラー・配管

ボイラー・配管への施工で夏は輻射熱カットによる熱中症対策。冬は魔法瓶化により熱を逃がさず省エネ。

熱源(炉・窯)

熱源(炉・窯)から高温の輻射熱発生。遮熱材FXJで輻射熱をカットできます。

機械の高温停止

トップヒートバリヤー導入事例

キュービクル・エアコン室外機の高温停止が増えています。耐候性・施工性・効果から遮熱材がお勧め!


注意!アルミ遮熱シートのトラブル多発

たくさんのアルミ遮熱シートが販売されています(10メーカー以上あり)
アルミ遮熱シートの素材であるアルミは熱を伝えやすく、腐食しやすい素材です。
アルミは、高温多湿・水・アルカリ・酸・金属との接触に弱いという欠点があります。
一般的なアルミ遮熱シートは、腐食・電蝕劣化によりボロボロになります=輻射熱の遮熱効果が持続しません。
また、日射の温度(40℃前後)には耐えられても、100℃以上に耐えられる遮熱材はほとんどありません。

弊社の遮熱材FXJは、特殊環境で使えるカスタム品です。
腐食電蝕防止、高温対策、不燃認定の対策を行い遮熱効果が長期間持続します。

遠赤外線ヒーターで遮熱実験

高温・暑さ対策は 現場によって異なります

日本一暑い群馬県館林は気温40℃、体温を越えます。
屋外、工場内、300℃の高温環境など様々な高温・暑さ対策を行っています。

遮熱材FXJは、多くの現場で活用されていますが、工事性や予算によって、遮熱材FXJに加えて冷風機、エアコンの組み合わせ提案を行っています。

高温・暑さ対策は、①輻射熱の遮熱 + ②温度を下げる 順で行うと効果的です。
現場状況に合わせたご提案致します。

温度を下げる機器

ポートアクール冷風機との組み合わせ

遮熱材FXJで輻射熱を遮り、ポートアクール冷風機で建物内の熱気を外へ押し出す方法が、工場・倉庫内の暑さ対策に最も効果的です。
建物全体を遮熱材で囲うことが理想ですが、費用・工事の問題があります。
遮熱材と冷風機orエアコンの組み合わせは、費用対効果で有効です。

例:壁を遮熱し、冷風機で熱中症対策

日射により倉庫内が夏場40℃、扇風機もスポットエアコンも効かない
問題①:1000坪倉庫内に荷物があり足場が組めない
問題②:建替えを検討しており、工事費をかけたくない(移設可能)
解決策
壁面2.5mまで遮熱材FXJ施工(脚立で届く範囲)・・・熱の元を絶つ
冷風機で熱中症対策(工事不要・移動可能)・・・冷風で籠った熱気を追い出す

トップヒートバリヤーによる輻射熱の遮熱と熱中症WBGT対策事例

高温・暑さ対策で商談したお客様から、高温対策LEDの需要があります。
汎用LEDは、25℃設計、使用温度50℃以下です。
工場の屋根下は60~70℃、輻射熱もあり高温です。
純国産 80℃対応LEDをご提案します。

お問合せ
ジャパン開発株式会社
TEL:0276-72-0069